赤ちゃんの発達・遊び
すこやかな成長のために、大切なこと

すこやかな成長のために、大切なこと
見て、さわって、なめて・・・赤ちゃんは毎日、いろいろなものに触れて、感じて、遊びを通して成長していきます。
赤ちゃんの発達に合ったおもちゃを選び、安全に、落ち着いて遊べる環境をつくってあげたいですね。
そして何より大切なのは、「おもしろいね」「できたね」と楽しい気持ちを共有する相手がいること。
赤ちゃんと一緒に、遊びを楽しみましょう。


赤ちゃんにとって、遊びとは

遊びの中に、学習がある
遊びの中で、赤ちゃんはいろいろな発見をしたり、新たな興味を持ったりします。
そこから、自分の中にないものを外界から取り入れようとする『学習』が生まれます。
そして、学習したことを繰り返し確かめて遊びます。
さらにそこから新しい発見が生まれ、学習→遊び→学習・・・と繰り返されていきます。
緊張を緩和
新たな発見をし、学習することは疲れるもの。緊張し、テンションがあがった状態になります。
遊びは緊張を緩和し、ストレス発散の役割を果たします。


からだの発達をうながす
欲しいおもちゃに手を伸ばす、つかむ、指先でいじるなど、遊びの中のさまざまな動きや経験が、運動能力の発達につながります。
こころの発達をうながす
また、赤ちゃんは遊びを通して、喜怒哀楽さまざまな感情を経験します。
そうした情動体験を周囲に支えてもらうことが、赤ちゃんの情緒の発達につながります。




発育・発達に合った遊びを楽しみましょう

赤ちゃんの体の発育、心の発達に応じて、遊びも変化していきます。
発達段階に合っていない遊びやおもちゃは楽しめません。
その時々の赤ちゃんの発達段階に合わせて、発達をうながすような働きかけをすることが大切です。


赤ちゃんとの楽しい遊びをご紹介
まわりのものを見ることが遊び。 自分の手を見つめたり、指しゃぶりしたりすることで、自分の体をたしかめます。

おすすめ
ベッドメリーやモビール、
ガラガラなど音の出るもの
赤ちゃんが識別しやすい、
コントラストのはっきり
した色使いのもの
ねんねのころ
  この頃の赤ちゃんの様子

体全体を動かす遊び。欲しいものに手を伸ばしてつかみ、口に入れてたしかめます。

おすすめ
手で持って、口に入れられる
おもちゃ
握りやすいもの
触った時に、手にさわった
感触が残るもの
寝返りができる頃
この頃の赤ちゃんの様子
手を使う遊びが活発に。両手を使えるようになります。
歯が生え始めます。
記憶する力もついてくる時期。
モノを道具として理解できるようになってくる時期で、「○○をしたらこうなった」という因果関係がわかるようになります。


おすすめ
自分で動かせるもの
触ると音が出る、転がる、動くなど、変化のあるおもちゃ
口に入れて、噛めるもの
おすわりの頃
この頃の赤ちゃんの様子

両手が上手に使えるように。スプーンなど道具を積極的に使うように。ハイハイで欲しいもの、興味のあるものを取りにいきます。 好奇心旺盛にあちこちを探索。日用品に興味を示します。まねっこも始まります。
安全に動き回れる環境、自由にいじりまわせるものを確保してあげることが大切。

おすすめ
ボールなど、追いかけて遊べるもの
積み木、車など手で動かして遊べるもの
台所用品などまねっこ遊びに使えるもの
ハイハイ~たっちのころ
この頃の赤ちゃんの様子
手先が器用になり、小さなものを指でつまめるように。
道具を上手に使え、まねっこ遊びも上手に。
言葉が出始める時期。歌に合わせてリズムをとったりもします。
絵本やお絵かき(なぐり書き)も楽しめるように。

おすすめ
指先を使うおもちゃ、ブロックやパズル、積み木など
プルトーイや手押し車など、あんよを楽しくするもの
人形やぬいぐるみ、ままごと道具、絵本などイメージを膨らませられるもの
この頃の赤ちゃんの様子



赤ちゃんのおくちの発育に合わせた おくちのレッスン
母乳やミルクを「飲む」から、離乳食を「食べる」への移行は、赤ちゃんにとって大きなステップアップ。
「食べる」口の動きは母乳やミルクを「飲む」のと違って、学習して身につけなければならないからです。
おくちの発達にあったトイで、遊びながら、自然とおくちの発達をうながしましょう。
食べるトレーニングについて詳しく見る


はむはむ体験  唇をしっかり閉じる習慣を身につけるために。 
はむはむ体験  唇をしっかり閉じる習慣を身につけるために。 
商品情報
カミカミ体験  いろいろなかたさを噛み分ける力を身につけるために。
カミカミ体験  いろいろなかたさを噛み分ける力を身につけるために。
商品情報
  ベビートイ商品一覧を見る




page top